グランフォーレ南福岡レジデンス スタッフブログ > 周辺環境 > ”変わる博多区”について

”変わる博多区”について


 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 


新聞報道で既にご存知の方も多いと思いますが

 

『博多コネクティッド』計画が

 

今年に入り福岡市から発表されました。

 

こちらは博多駅を中心とした交通基盤の再整備と拡充、

 

規制緩和によるビルの建替えを促進する都市整備計画です。

 

ここ数年で博多駅周辺が大きく変わり、鉄道利用だけでなく

 

お買い物等で訪れる方も多い博多駅ですが

 

今後さらに博多駅周辺の賑わいが増していくことが予想されます。

 

商業施設やオフィスなどの増加が見込まれていますので、

 

住宅検討においては、今まで以上に博多駅へのアクセスを

 

重視される方が増えてくるのではないでしょうか。

 

また2022年代後半になりますが

 

JR博多シティの拡張計画もありますので

 

更にお買い物なども便利になりますね。

 

 

博多区中部 那珂エリアには2022年に 大型複合商業施設の

 

ららぽーとが九州初の開業予定。

 

当物件近隣の博多区南部 雑餉隈エリアには

 

西鉄大牟田線高架事業に伴う新駅開業

 

これからの博多区は大きな変化がありますので

 

今まで以上の不動産価値向上を期待したいですね!

 

 

 

 

当物件は 快速停車駅のJR南福岡駅まで徒歩4分

 

博多駅まで快速利用で5分。

 

博多駅までのアクセスを重視されている方

 

ぜひ一度ご見学にお越しください。

 

お待ちしております。

 

 

 


グランフォーレ南福岡レジデンス スタッフブログ > 周辺環境 > ”変わる博多区”について

タグクラウド
検索
購読
関連リンク

ページの先頭へ戻る▲